義足の人口について

全国の障害者の人口というのは、公式な数字が正確には報告がありません。障害者という枠でも「障害者手帳」を申請していない人もいますし、障害者ではないと思っている人もいますので、今回のデータはあくまで、個人的に集められたデータを元に作成していますので参考程度に思って下さい。

今回は「義足のユーザー人口」です。
日本の総人口 約12770万人の3%が障害者 約383万人

383万人の内訳
内部障害 30%
肢体不自由 50%   ☆義足はココ☆ 191.5万人
聴覚言語障害 10%
視覚障害 10%

肢体不自由の内訳
脳原性全身運動機能障害 3%
体幹機能障害 9%
下肢機能障害 36%
下肢切断 3%      ☆義足はココ☆ 57,450人
上肢機能障害 25%
上肢切断 5%


全国に下肢切断(義足ユーザー)者が、約6万人程度は居るはず。。。

しかし、ここからが大問題。


年齢別
0~9歳   1.1%
10~19歳 1.8%
20~29歳 1.8%
30~39歳 3.2%
40~49歳 5.1%
50~59歳 13.1%
60~69歳 23.2%
70歳~   49.6%
不明     1.0%

と、圧倒的に高齢者が多い。

ちなみに僕32歳は3.2%(57,450人の)で1,838人
大分県で算出すると、、、(大分県人口120万人/全国12,770万人) 0.9%人口

16.5人。。。

やっぱり街などで出会わないわけですね。
さらにその中からスポーツをやろうとする人は何%いるのか。

義足ユーザーは情報があるのとないのとでは、「歩ける」か「走れる」か、くらい違うと感じています。
こういう情報を掲載することで少しでも誰かとつながればと思っています。

また上の分析の情報はスナイプスのHPの義足人口の詳細から見れます。(PDFファイル)
参考になればいいのですが。
[PR]

by snipes_ono | 2009-01-26 16:18 | diary 障害者スポーツ等

<< 綺麗な写真にはわけがある 小学生と「しょうがいってなんだ... >>