<   2006年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

06年お世話になりました

今年は、車いすマラソンに参加・もてぎ7hエンデューロに参加。
そして大分陸上2006の開催と、障害者スポーツに挑戦した年でした。
自分が障害を持っている。でも生きている。やっと前を向けたのでは?
と、実感した年でした。周りからは『すごいね~。無理じゃない?』と、
言われましたが、

『すごい』のではないんです。

普通のことをやりたい。
(健常者の時にやっていたことを)

ただそれを目標にやっていただけなんですけどね。
今年の目標は達成できたかな?(笑)

来年はフルマラソン(42km)を2レースは出場して完走をしたいかな。
また大分陸上2007は5/5に開催できるようにがんばります。


SNIPESとしては、無事に一周年を迎える事ができました。
事務所も大分市内に移転し事業拡大の拠点ができました。
来年は、大分市内・九州管内をしっかりと営業していこうと、
思っています。

今年一年、お世話になりました。来年もよろしくお願いします。
皆さん本当にありがとうございました。 よい年をお迎え下さい。
[PR]

by snipes_ono | 2006-12-31 18:35 | その他

2006年 義足について

今年は義足に慣れたこともあり運動もよくしました。階段も左右交互に登れるまでになりました。膝関節の周りの筋肉や皮膚が少しずつ剥がれてきたのが大きな進歩ですね。膝の屈曲も70度から85度近くまで曲がりはじめたので、少しはバランスがとれます。

しかし左足が動くからと、無理をしていたら健康な右足を痛めてしまうこともしばしばありました。右足首に水が溜まったり、膝が腫れたり、股関節の奥に激痛が続いたりと、車いすじゃないと動けない日がありました。

これは来年バランスよく左右を鍛えないといけません。

左足は年初めに手術をしてからは炎症も減って内面からの心配は少なくなりました。その分、運動のために外部の傷などが増え、化膿しないように気をつけてました。

運動→汗→腫れ→義足が緩くなる→無理をする→傷ができる→我慢して運動→出血
これの繰り返しでした。

来年初めにはソケット部分の交換をして、緩くならないようにしてもらい、義足で走れるようになりたいです。義足で田ノ浦を往復ランニングできるように頑張ります。
[PR]

by snipes_ono | 2006-12-29 02:48 | diary 障害者スポーツ等

年末年始のお知らせ

SNIPESの年末年始は12/31~1/2をお休みさせていただきます。
以外の日は誰か事務所に居ますのでよろしくお願いします。

連絡メール
  こちらから


携帯ストラップとZIPPOのご注文が大変込み合っています。
この2商品につきましては、年始からの受付とさせて頂きます。
ご了承下さい。

グラス・ボトル・ガラス・ミラーにつきましては、年内最終受付は
28日とさせて頂きます。
[PR]

by snipes_ono | 2006-12-23 14:57 | works

バースデイパーティー

日曜は廣道純さんと福ちゃんのバースデイライブでした。
このイベントはチャリティーライブで、集まったお金は、
親が居ない子供達の施設に持っていくそうです。
昨年もお邪魔しましたが、今年もたくさんの出会いがあり
ました。
f0094462_22483961.jpg
同じ佐賀関出身で『ラジオバカイチダイ』でお馴染みの『DJ NAVE』さん
f0094462_22543375.jpg
大分陸上2006でお世話になった『 EIJI 』さん
f0094462_22553027.jpg
ハイテンションボイスブログ『ラジバカボイス』でお馴染み『クボタヨシフミ』さん
f0094462_22584419.jpg
本当に優しいお兄さん『福ちゃん』
f0094462_230747.jpg
今回も豪華なメンバーでイベントを盛り上げてくれました。
スタッフとして入りましたが、お客さんが楽しんでくれてるのが
本当に印象的でした。出演者はそれ以上に楽しんでたような。。。
個人的には、昔の某番組のメンバーが集まってくれたのが、
本当に嬉しかったです。
[PR]

by snipes_ono | 2006-12-19 23:03 | その他

感染かな?

家族が今、流行りのノロウイルスに感染した疑いが発生しました。症状がまったく同じで動けないみたいです。病院からはきく薬がないからと、とにかく寝込んでいます。60歳を過ぎた親は病原菌に対する抵抗力があるのか心配です。姉は親に比べたら症状が少しだけ軽いみたいなのでいいのですが…少し調べてみたら空気感染の可能性も有り得るという記事もありました。早く全員が完治するといいのですが…ちなみに感染した家族とは会ってないので、僕は発病はないです。
[PR]

by snipes_ono | 2006-12-15 00:51 | その他

12月なのに

f0094462_0194923.jpg

寒くはなってきましたが、この子は寒がっていません。
昼間はアクビしながら昼寝。年の瀬が近づいてるのに… この子を見てると仕事より自由を選びたくなります。
[PR]

by snipes_ono | 2006-12-12 00:19 | その他

ペット

f0094462_2212332.jpg

朝5時から起こしてくれる人懐っこいウコッケイの「コッコ」です。
性別はオス
性格は行動派な天然
趣味は人間観察
特技は
①メスに断られること
②人から1番にエサをもらうこと
③猫をイカクすること

ツブラな瞳で覗き込まれると、ついついエサをあげてしまいます。
癒し系のニワトリです。
[PR]

by snipes_ono | 2006-12-11 02:21 | その他

伯父様(宗一)のお帰り

メディアでご存知の方もいらっしゃるかとは思いますが、先日、叔父『小野宗一』の遺骨が62年ぶりに小野家の本実家に帰ってきました。
関連記事1
関連記事2
関連記事3

戦争に行ったのが19歳、軍隊に赤紙が来てから行くと年上からイジメにあうからと、志願兵として軍隊に。満州で終戦を迎え、そのまま旧ソビエトのハバロフスク地方へ抑留。5万人を超える抑留があったと言われている。
そして2年後、病死。ハバロフスク地方のテルマ村の埋葬地に眠っていた。

当時、訃報と髪の毛・爪が送られて来ただけで本当に本人なのかもわからなかった。叔父様のお母さんは、遺骨がない訃報を信じたくなかったのだろう、死ぬまでお寺に通って遺骨のない息子のお墓に手をあわせていた。

1997年から2002年にかけてテルマ村の埋葬地から1034柱の発見があり、886柱が収集され10柱の身元がDNA鑑定によって確認された。そのうちのヒトリが叔父様だった。

ぼくは当然、叔父様とは会ったこともない。お父さんも会ったことがないお兄さん。他の伯父さんから『一番上のお兄さんは戦死だよ。』って聞いてたくらいで、ドコで何をしていたのかなどは知らなかった。ただ、『遺骨が無いから寂しいよね。』って言ってた。

今回、遺骨が帰って来たのは身内として嬉しいし、なにより叔父様のお母さんが天国で喜んでいると思う。僕はおばあちゃんに会ったことはないが、心の優しい人だったと聞いている。
母親として戦争には行かせたくなかったと言っていたらしいおばあちゃん。きっと天国で再開できてるかな?

今回の出来事は身内としては本当に嬉しいけど、まだまだ身元が確認できてない人が大勢いるし、爆撃で体が無くなってしまった人も大勢いると思うとやはり悲しい。

終戦後、日本がもう戦争はしませんと誓った後にシベリアやモンゴルに50万人以上が抑留。過酷な労働作業などで5万人以上が現地で死亡。そして残留孤児ができ、さらに北方四島の問題と、戦争が引き起こした爪後が今でも問題になってる。これが解決するのが先か、みんながコレを忘れ去ってしまうのが先か。世界から武力戦争が無くなることはあるのかな?

今日はそんなことを考えてました。身元がわからない人が一日でも早く身内の元へ帰れることをお祈りしています。
[PR]

by snipes_ono | 2006-12-10 23:26 | その他