<   2008年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ふれあいロード2008

f0094462_2132313.jpg


街中を車いすの人や視覚障害の人と歩いて調査する会がありました。

・・・街中って整備されてるので特に問題がないのになぜ??
と、思いながら車いすで参加。(切断面に10月からずっと傷が・・・まだ完治してません)

数年前の道路交通法の改正から路上駐車もめっきり減って大分の中心地は、そんなに大変な箇所はないと思いながら。。。
*移動に大変な人は、介護人が一緒に歩いてたりすると思うんだけど・・・
*ご年配の方には辛い箇所はあるでしょうね。



外を歩き回って特に感じることがなかったので、最後の意見交換の時は

「何を言えばいいの?」と思い、

いつもレーサーを練習してる河川敷のアスファルトの舗装を希望してきました。

次回このようなことがあれば、是非、郊外や駅周辺の車が多い場所などでやってほしいです。
[PR]

by snipes_ono | 2008-11-30 21:43 | diary 障害者スポーツ等

マラソン報道

地元紙 大分合同新聞の記事です。

地元の新聞は現地で号外をゴール後、30分くらしで選手に配ってくれました。
ここまで詳しく取材してるって嬉しいです。



大分国際車いすマラソン フライ復活V


フルT53/54男子 フライ一人旅


フルT53/54男子 副島が自己最高3位


フルT53/54男子 大分の廣道5位


笹原、感無量のフィニッシュ


フルT53/54女子 マクグローリー優勝


フルT53/54女子 竹下「挑戦続ける」


フルT52男子 上与那原、初の栄冠


フルT52女子 八巻また世界新


ハーフT53/54男子 渡辺鮮やかV


ハーフT53/54女子 高崎が優勝


ハーフT52男子 浜上初出場で快挙


ハーフT52女子 佐藤が連覇


ハーフT51男子 浜添が5連覇


力の限り風切り前へ
[PR]

by snipes_ono | 2008-11-12 22:01 | diary 障害者スポーツ等

車いすマラソン結果

雨が心配されましたが、どうにかレース中はもちました。
スタート前の待機は本当に寒かったです。
f0094462_1863480.jpg

記録は1:05:04 50位でした。

渡辺昭次君の集団8名ぐらいに着いていってたのですが、三佐の折返し手前で集中力がキレてしまい、折返て追いつこうと、懸命に漕いでたら「パンク」してしまい、スローダウン・・・。。。
f0094462_187314.jpg

ついていきたかったです。

悔しい結果ですが、今の実力だと思います。

来年に向けてがんばります。

応援してくださった皆様、スタッフの皆様、本当にありがとうございました。


今回は笹原さんのお休み宣言レースでした、笹原さん本当にお疲れ様でした。
ハインツの見事な返り咲き!かっこいいところが見れて嬉しかったです。
ハーフの習輔さん!貫禄勝ち!おめでとうございます。

選手の皆さんお疲れ様でした。来年も大分でお会いできることを楽しみにしています。
[PR]

by snipes_ono | 2008-11-09 16:31 | diary 障害者スポーツ等

週末は車いすマラソン

参加選手の一覧が発表されましたね。
フルマラソン 142名
ハーフマラソン 191名


世界のトップ選手が多い。。。

エレンスト。。。
ロジャー。。。
マルセル。。。
ハインツ。。。      etc...

国内も豪華なメンバーが。。。

山本ヒロさん(福岡)
副島さん(福岡)
チョークさん(福岡)
笹原さん(大分)
純さん(大分)
小谷さん(兵庫)
久保さん(北海道)
ホッキーさん(福岡)
花岡さん(千葉)
樋口さん(長野)  etc...

最高齢は・・・フルマラソン 嘉松さん(75歳)長崎
最年少は・・・ハーフマラソン 佐藤君(17歳)大分 サミュエルス(17歳)オーストラリア

車いすマラソンを特徴として、70代でも60代でも、年齢は関係なく競技できて、尚且つ、上位に入ってくるということ。パワフルなおじいちゃんが、若者を抜き去って行くなんて当たり前。(僕もいつもやられてます・・・)
練習をした人が上位に必ず入ってくるという、ある意味わかりやすい競技でもあります。

上位の選手はそこに「レースのかけ引き」が入ってきてレース展開を組み立てるという頭を使う競技みたいですが、僕にはそこまでのレベルはありません。。。
(前の人について行くのが必死です)

フルマラソンについて・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昨年の覇者「エレンスト」が優位だろうとの見方が大筋。

しかし、ここは日本の大分!

「純さん」 「笹原さん」 が、黙っているわけがない。
純さんは昨年、競技場内のラストスパートでやられてるので借りをかえさなくては。
笹原さんは、このレースでしばらくお休み宣言をしてるので、大分で有終の美を飾らないと。

そこに福岡の4強!
副島さん・山本ヒロさんは先週までの海外遠征での経験を生かしてくるだろうし、チョークさん・ホッキーさんは北京の雪辱を果たさないと。

ハインツ・ロジャー・マルセル・ジョルディ・ラルフ・アラン・デニスも間違いなく追走体制でメダルを狙ってくるのは必至。

メダルはだれになるかは、まったくわかりません。。。

予想① トップ集団が15~20名くらいの集団になりそのまま競技場内での勝負
予想② 3名~5名ぐらいが先行逃げ切りで前半から勝負して行きトップ集団から抜け出してしまうか。

どちらにしても抜け出すのは容易ではないラインナップ。スタートで不運がなければ、最後までわからない展開でしょう。

さてさて、練習にいこ。。。
[PR]

by snipes_ono | 2008-11-05 15:09 | diary 障害者スポーツ等